医薬品の個人輸入について詳しく解説します。

ドラッグinfo

ランソプラゾール

ランソプラゾールはインターネットで購入できます。

「ランソプラゾールを通販で買いたい。」

 

そんな風に考える人は多いのではないでしょうか?

 

胃がムカムカするな

と感じ病院に行ったら逆流性食道炎と診断され、ランソプラゾールが処方された。

という人はたくさんいると思います。

 

ランソプラゾールはガスターなどの市販の胃薬と比較し効果が高く、胃のムカムカをすっきりと治すことができます。

しかしランソプラゾールは近所のドラッグストアには置いていませんし、アマゾンや楽天でも購入することは出来ません。

 

ランソプラゾールをもらうためだけにに病院に行くのは正直かなり面倒です。

病院では診察までかなりの時間待たされますし、検査となると胃カメラという苦行に立ち向かわなければいけません。

そして診察料もバカにはなりませんよね。

 

そんな人に向けて

本記事ではランソプラゾールをインターネットで購入する方法について解説していきます。

 

 

本記事の信憑性


私はストレスが多くなると逆流性食道炎で胃がムカムカすることが多いです。
以前は消化器内科にかかりランソプラゾールを処方してもらっていたこともありましたが病院での待ち時間などが無駄だなと感じ現在はオオサカ堂でランソプラゾールを購入しています。
病院で処方されるランソプラゾールと効果は違いないかなど、私の実体験をもとにお話しできる部分が多いと感じ記事にしました。
市販でランソプラゾールを購入してみたいと考える人の助けになれば幸いです。

 

 

ランソプラゾールはインターネットで購入できます。

ランソプラゾールはインターネットで購入できます。

 

本来であればランソプラゾールは医療用医薬品であるため医師の処方箋なしでは購入することはできません。

つまりドラッグストアやアマゾン、楽天などの通販サイトでは購入することができません。

 

しかし海外から薬を個人輸入という形を取れば合法的にランソプラゾールを医師の処方箋なしで購入することができます。

薬の個人輸入については別の記事で詳しく解説しています。

 

薬を個人輸入するメリット、デメリットについて

 

 

薬の個人輸入は違法ではないのか不安に感じる人も多いでしょう。

そんな人に向けて解説した記事もありますので読んでみてください。

 

薬の個人輸入は違法?

 

 

ランソプラゾールの購入はオオサカ堂がおすすめ。

画像をクリックすると商品ページに移動できます。

 

薬の個人輸入と聞くと手続きが難しいんじゃないの?

と考える人も多いと思います。

 

そんなことはありません。

薬の個人輸入は個人輸入代行サイトが面倒な手続きを全てやってくれます。

 

薬の個人輸入代行サイトは星の数ほどありますが私はオオサカ堂をおすすめします。

私がオオサカ堂をおすすめする理由は別の記事で解説しています。

 

私がおすすめする薬の個人輸入代行サイト。

 

 

オオサカ堂のランソプラゾールはBristol Laboratories Ltdという製薬会社が作っています。

Bristol Laboratories Ltdはイングランドのルートンに本社がある製薬企業です。

 

1997年に設立された歴史の長い製薬企業です。

イギリス、ヨーロッパを中心に高品質で価格の安いジェネリック医薬品の製造販売を行なっています。

皆さんも安心して飲んでもらって大丈夫だと思います。

ランソプラゾールの安全性について。

市販でランソプラゾールが購入できないというのは副作用の危険性が高いからだと考える人もいるかもしれません。

そんなことはありません。

 

ランソプラゾールは市販で販売されていてもおかしくないくらい安全な薬です。

そもそもランソプラゾールを購入したいと考える人はおそらく一度はランソプラゾールを飲んだことがある人であると思います。

ご自身でランソプラゾールを飲んでみて特に副作用は起こらなかったはずです。

 

もしかすると長期間ランソプラゾールを服用することで副作用が発生するのではと考える人もいるかもしれません。

そういったこともありません。

 

なぜなら日本にはランソプラゾールを長期間服用している人がたくさんいらっしゃるからです。

心臓の病気で血液をサラサラにする薬を飲んでいるという患者さんは日本にはたくさんいます。

血液をサラサラにする薬というのは胃に負担がかかるため胃薬を必ず一緒に処方されるのです。

その胃薬としてよく医師によく選択されるのがランソプラゾールです。

安全性については申し分ないと考えて問題ありません。

 

 

市販の薬と医療用医薬品の違い。

市販の薬は厚生労働省の定める安全基準の中で製造販売されています。

しかし近年、医療費の増加を抑えるためセルフメディケーションという自分の病気は自分で治そうという考え方が広まりつつあります。

 

その一つとして今まで医療用医薬品として販売されてきた薬を市販の薬として販売できるようにする流れがあります。

スイッチOTCとも呼ばれますが、皆さんご存知の頭痛薬である「イブ」や「ロキソニン」、胃薬の「ガスター10」も元々は医療用医薬品でした。

 

このように今まで医療用医薬品であった医薬品も市販で購入できる時代に移りつつあります。

安全で効果の高い医薬品が市販で買えるというのはとても便利になりましたね。

 

もしかするとランソプラゾールも普通に市販で購入できる日も近いかもしれません。

以上のことからわかるように、医療用医薬品だから副作用が多いというわけではないのです。

医療用医薬品の中にも市販の薬と同様に安全でしかも効果の高いものがたくさんあるのです。

 

 

 

ランソプラゾールについて詳しく解説。

「胃がムカムカするけどどんな薬を飲めばいいのだろう。」

 

 

そんな疑問を持ってこの記事にたどり着いた人もいるかもしれません。

そんな人に向けてランソプラゾールについて詳しく解説していきます。

 

 

ランソプラゾールはこんな症状の人に向いています。

私は胃がムカムカする逆流性食道炎という疾患に対してランソプラゾールを服用しています。

しかしランソプラゾールは逆流性食道炎以外にも様々な消化器症状に対して使用されます。

ここではランソプラゾールが使用される代表的な疾患について解説して行きます。

 

 

逆流性食道炎

胃酸が胃から食道に逆流することで起こる病気です。

 

胃がムカムカするような症状が特徴的です。

また呑酸といい、胃酸が喉元まで上がって来る症状もたまにみられます。

口や喉に酸っぱい、もしくは苦い感じがする場合は逆流性食道炎の可能性が高いです。

 

 

胃潰瘍

胃潰瘍とは胃の粘膜が傷ついた時に起こる病気です。

 

食後時間がたつとみぞおちあたりが痛むような症状が特徴的です。

また背中あたりに痛みを訴える人もいるようです。

軽く食べ物を口にすると症状が落ち着く傾向があります。

 

 

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍とは十二指腸の粘膜が傷ついた時に起こる病気です。

 

空腹時に腹痛が起こります。

食事をとると一時的に改善します。

 

 

ランソプラゾールの飲み方

私の場合、胃がムカムカした時にランソプラゾールを1カプセル飲んでいます。

 

ランソプラゾールは1回飲めば1日効果が持続する薬なので1日に何回も飲むということはしないでください。

1日1カプセルで十分に胃のムカムカは解消されます。

私は現在、たまに胃がムカムカする程度なので、そんな日だけランソプラゾールを1カプセル飲むようにしています。

 

 

ランソプラゾールを毎日飲みたい人は注意が必要。

ランソプラゾールは毎日飲んでも問題ない薬です。

しかし毎日ランソプラゾールを飲まなけれないけないほどに慢性的に胃がムカムカするようであれば消化器内科に受診された方がいいかと思います。

 

胃のムカムカはストレスが原因で引き起こされることが多いですが毎日となると他にも原因があるかもしれません。

嫌かもそれませんが胃カメラなどの専門的な検査を受け、他に原因となる疾患がないことを確かめる必要があります。

 

 

ランソプラゾールの副作用

個人輸入で薬を購入する場合、副作用が心配という人も多いかと思います。

そんな人はランソプラゾールで起こり得る副作用とその対策についてしっかり理解しておけば問題ないと思います。

 

 

肝機能障害

肝機能障害と聞くと

なんか怖いな。

と感じる人が多いと思います。

 

しかし薬というのはほとんどが肝臓で代謝、排泄されるものであるため肝機能障害という副作用はつきものであると考えてください。

もちろんランソプラゾールも例外ではありません。

 

市販で販売されているような風邪薬でも肝機能障害というのは起こる可能性があります。

肝機能障害を気にしていては何も薬を飲むことができません。

そのためランソプラゾールの肝機能障害についてはあまり気にしなくていいのではないかと思います。

 

 

肝機能障害の対策

どうしても気になるという人のために肝機能障害の対策について解説します。

職場の健康診断などで血液検査がある人はその結果に注目してみてください。

 

見るべき検査項目は

・AST(GOT)

・ALT(GPT)

・γ-GTP

これら3つです。

 

これらの検査結果が異常値であった場合はランソプラゾールによる肝機能障害である可能性があります。

もし職場の健康診断がない場合は献血に行くといいと思います。

献血をすると後日、自分の血液検査の結果を知ることができます。

無料ですし、病気で苦しむ人の助けになることもできるので一石二鳥です。

 

 

その他の副作用

ランソプラゾールに肝機能障害以外の副作用はほとんどありません。

 

ごく稀にアレルギー症状で発疹やかゆみが起こる場合があるかもしれません。

薬でアレルギー症状と聞くと怖いと思う人もいるかもしれません。

しかし薬に限らず食品でもアレルギー症状というのはあります。

アレルギーが怖いからといって食べたことないものは口にしないなんてことはないですよね。

それと同じです。

薬だからといってアレルギー症状を必要以上に気にする必要はないと思います。

 

 

ランソプラゾールの口コミ

オオサカ堂でランソプラゾールを購入した人の口コミをいくつか載せておきます。

 

逆流性食道炎の治療に使っています。逆流性食道炎は再発率が高いので何度か購入しています。ガスターで駄目な時はこちらを使うと治ります。

 

鎮痛剤や抗生物質などを飲むと、胃が痛くなったりむかつくので、この薬が欠かせません。
カプセルを割って半分にして、量を調節して飲んでいます。病院の処方と変わりなく、即効性がありよく効きます。

 

胃酸による胃の痛み、胸焼けに劇的に効果があります。
副作用も全く感じられません。たありがとうございました。

 

全ての口コミを見たい人は購入ページの口コミ欄を読んで見てください。

 

 

まとめ:ランソプラゾールはインターネットで購入できます。

ランソプラゾールはオオサカ堂での購入がおすすめです。

私も定期的に利用しています。

 

私のようにたまに胃がムカムカするなという人はオオサカ堂でランソプラゾールを購入することをおすすめします。

しかし慢性的に症状がある人は一度、消化器内科に受診した方がいいかもしれません。

 

ランソプラゾールの副作用である肝機能障害についても健康診断や献血などの血液検査の結果を確認しておけば心配する必要はないでしょう。

 

本記事は以上です。

ランソプラゾールはインターネットで購入できますよ。

-ランソプラゾール

Copyright© ドラッグinfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.