医薬品の個人輸入について詳しく解説します。

ドラッグinfo

個人輸入

ジェネリック医薬品とは。

Aさん

名前が違うけど本当に同じ薬なの?

Bさん

効果が低かったり、副作用のリスクが高かったりしないか心配だな。

 

オオサカ堂で販売されている薬は病院で処方される薬やドラッグストアで販売される薬と名前が違うことが多いです。

「名前は違うけどジェネリック医薬品なので中身の成分は同じです。」と言われてもイマイチぴんとこない人もいるかもしれません。

 

本記事では「オオサカ堂の薬は日本で販売される薬と効果や副作用のリスク同じであるか?」をテーマに解説していきます。

 

目次

  • 用語解説
  • オオサカ堂の薬は日本で販売される薬と効果や副作用のリスク同じであるか?

 

 

用語解説。

ジェネリック医薬品とは

 

オオサカ堂の商品のほとんどが海外で販売されるジェネリック医薬品です。

メインテーマについて解説する前に知っている人も多いかもしれませんが、用語の確認からさせていただきます。

 

先発品とは。

薬でいう先発品とは新薬のことを言います。

 

新薬は、9~17年もの歳月と、数百億円以上の費用をかけて開発されるので、開発した製薬会社は、特許の出願によりその期間、そのおくすりを独占的に製造・販売する権利が与えられます。

 

日本ジェネリック製薬協会の文書を引用させてもらいました。

 

簡単に説明すると

新薬は作るのにたくさんの時間とお金がかかるので一定期間独占して販売できますよ。

ということです。

 

独占的に製造・販売する権利がなければ、いい薬が開発されることがなくなってしまうため、国はこのような制度を設けています。

 

後発品、ジェネリック医薬品とは。

後発品とジェネリック医薬品は同じ意味です。

 

特許期間が過ぎると、その権利は国民の共有財産となるため、他の製薬会社から同じ有効成分を使ったおくすりが製造・販売できるようになります。それが、ジェネリック医薬品です。新薬に比べ開発費や開発期間が少ないために、新薬より低価格でご提供できます。

 

再び、日本ジェネリック製薬協会の文書を引用させてもらいました。

 

簡単に説明すると

特許が切れた新薬は同じ有効成分で他の製薬企業が販売してもいいですよ。

ということです。

 

ジェネリック医薬品は3〜4年の歳月と約1億円の費用で開発できるので新薬に比べハードルがかなり低くなります。

そのため薬の値段もかなり抑えることができるということです。

 

オオサカ堂の薬は日本で販売される薬と効果や副作用のリスクは同じであるのか?

用語の確認ができたところメインテーマの解説に移ります。

 

オオサカ堂の商品のほとんどが海外のジェネリック医薬品。

オオサカ堂のサイトで販売される商品はほとんどが海外で販売されているジェネリック医薬品です。

そのため日本の病院で処方される薬やドラッグストアで販売される薬と有効成分は同じです。

品質、効き目、安全性は同じであるということができます。

 

第三者機関による成分鑑定書がついています。

そもそも本当に有効成分が同じなの?と不安になる人も多いと思います。

海外の薬は厚生労働省の承認を受けていないため不安を感じて当たり前です。

 

そんな人のためにオオサカ堂は第三者機関による成分鑑定書が掲載されています。

有効成分というのは化合物であるので、ガスクロマトグラフィーなどの質量分析装置があれば先発品と同じ化合物が入っているか調べることができます。

 

成分鑑定書というのは公的文書であるため偽装するということは考えにくいです。

公的文書の偽装は割とリスクが大きいので。

絶対というわけではありませんが私は信じて良いと思います。

 

添加物の違いについて

薬というのは有効成分とそれ以外の添加物から作られます。

添加物は有効成分の吸収を高めたり、薬を飲みやすくするために使用されます。

 

これを聞くと添加物の違いで薬の効果や副作用のリスクは変わってこないのか?と疑問に思う人も出てくるかと思います。

 

結論から言うとモノによっては先発品と薬の効果や副作用のリスクは変わってくる可能性があります。

 

放出制御型製剤は添加物によって薬の効き目を持続させます。

例を挙げると放出制御型製剤というものが挙げられます。

 

放出制御型製剤とは薬の効き目を長くするために工夫された製剤です。

1日3回飲まなければいけない薬を1日1回だけ飲めばいい薬にするため開発されました。

なぜこのようなことが可能かと言うと、添加物によりゆっくりと有効成分が吸収されるよう工夫しているからです。

 

しかしこういった薬はあまり多いわけではないので安心してください。

具体的には血圧を下げる薬に使用されることが多いです。

放出制御型製剤は作るのが難しいため海外のジェネリック医薬品の購入はおすすめしません。

 

私のブログでは添加物による品質の違いが出にくい商品のみ紹介しています。

放出制御型製剤のように作るのが難しい剤型の薬でなければ添加物による薬の効果や副作用のリスクに違いが出てくることはありません。

 

そもそも添加物には人に対して薬理作用がなく、安全性も確認されたものという基準があり、これは海外の薬に関しても同様です。

 

私のブログでは先発品が放出制御型製剤のような作るのが難しい剤型の薬は紹介していません。

作るのが簡単で先発品と後発品に品質に違いが出にくい商品のみを紹介しています。

 

まとめ:オオサカ堂の薬は日本で販売される薬と効果や副作用のリスクは同じです。

海外のジェネリック医薬品とはいえオオサカ堂の商品は成分鑑定書が付いているので日本のジェネリック医薬品同様、有効成分は同じです。

添加物の違いについても私のブログでは先発品と後発品に違いが出にくい商品のみを紹介するようにしているので気にする必要はありません。

 

ただし個人輸入代行サイトで自分で選んだ商品を購入する場合は放出制御型製剤などの開発が難しい薬については注意が必要です。

 

今回の記事は以上です。

オオサカ堂の薬は日本で販売される薬と効果や副作用のリスク同じですよ。

-個人輸入

Copyright© ドラッグinfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.