医薬品の個人輸入について詳しく解説します。

ドラッグinfo

個人輸入

薬を個人輸入するメリット、デメリットについて

オオサカ堂などの個人輸入代行サイトを見ると

本来であれば医師の処方箋なしでは購入することが出来ない医療用医薬品がふつうに販売されていて最初は驚く人も多いでしょう。

 

「昔、病院でもらったことがある薬がもう一度欲しい。でもわざわざ病院に行くのは面倒だな。」

 

「AGA治療薬やED治療薬って病院でもらうのは恥ずかしいよね。インターネットで購入できないかな。」

 

「避妊薬や皮膚科でしかもらえないクリームが気軽にインターネットで購入できたらいいのに。」

 

 

こんな人たちにとってオオサカ堂などの薬の個人輸入代行サイトは便利なサービスです。

しかし同時に疑問も生まれてきます。

 

なんで処方箋なしで医療用医薬品を購入できるのだろう。

本記事ではそんな疑問に答えていきます。

 

本記事の信憑性

私は8年以上にわたり、薬の個人輸入代行サイトであるオオサカ堂を定期的に利用しています。
たくさんの薬を個人輸入してきた私の経験を踏まえ薬の個人輸入について解説していきます。

 

 

どうして医療用医薬品をインターネットで購入できるの?

薬を個人輸入するメリット、デメリットについて

 

本来であれば医療用医薬品は医師の処方箋なしでは購入することが出来ません。

つまりドラッグストアやアマゾン、楽天などの通販サイトでは購入することができないということです。

 

しかし海外から薬を個人輸入という形を取れば合法的に医療用医薬品を医師の処方箋なしで購入することができます。

 

 

薬の個人輸入とは?

言葉の通りです。

海外から薬を個人的に輸入することを言います。

 

 

薬の個人輸入はどうして医師の処方箋がいらないの?

簡単に説明すると

「薬の個人輸入には医師の処方箋が必要です。」と法律で定めてしまうと困る人が出てくるからです。

 

例えば海外からの旅行で日本に来る場合を想定してみてください。

海外で普段から飲んでいる薬があるとします。

その薬を日本に持ち込むことも薬の個人輸入に該当します。

これを禁止してしまうと困る人がたくさん出てきます。

日本に来るたびに普段飲んでいる薬のために日本の病院にかかり診察を受けるというのはあまりに非効率です。

そもそも普段飲んでいる薬が日本では販売されていないという可能性もあります。

 

こういった不都合が生まれないようにするため薬の個人輸入に対して日本の法律は少し抜け道を作っています。

この法律の抜け道のおかげで医療用医薬品も医師の処方箋なしでインターネットで購入することが出来るということです。

 

 

薬の個人輸入は違法ではないの?

法律の抜け道と聞くと違法では?

と不安になる人も多いでしょう。

 

そんなことはありません。

薬の個人輸入が違法ではないことについては過去の記事で詳しく解説しています。

参考にしてください。

 

薬の個人輸入は違法?

 

 

薬の個人輸入するメリット

私が感じている薬の個人輸入するメリットについてまとめました。

 

 

市販では購入できない薬がインターネットで購入できる。

薬を個人輸入する目的の大部分がこの理由であると思います。

 

アマゾンや楽天などのネットショッピングで購入できる薬は一般用医薬品という厚生労働省が定めた分類に該当される薬に限られます。

ドラッグストアでは薬剤師が対応した場合に限り一般用医薬品に加え、要指導医薬品という分類の薬も販売することができます。

しかしこれら一般用医薬品や要指導医薬品は病院で処方される医療用医薬品と比べると治療効果が低いものばかりです。

 

最近ではスイッチOTCといい、ロキソニンやアレグラのようにもともと医療用医薬品として販売されていた薬が安全性を認められ、一般用医薬品として販売されるようになったケースも出てきています。

しかし現在スイッチOTCはごくわずかで、安全性が高いにもかかわらず医療用医薬品として病院で処方されなければ購入できない薬ばかりです。

薬の個人輸入ではスイッチOTCのように治療効果が高くさらに安全性も高い薬を処方箋なしで購入することができます。

 

 

薬代の節約になる。

薬を個人輸入は薬代の節約につながります。

 

海外では日本とは比べ物にならないほどにジェネリック医薬品の普及が広まっていて、効果は同等でも価格は先発品よりもかなり抑えられている商品がたくさんあります。

日本ではまだ先発品しか販売されていない医療用医薬品も海外ではジェネリック医薬品が多く流通しているケースも多いです。

価格の安いジェネリック医薬品を選んで購入すれば薬代はかなり節約できます。

 

ジェネリック医薬品について下記リンクにまとめました。気になる人はどうぞ。

 

ジェネリック医薬品とは。

 

 

薬の個人輸入は簡単に利用できる。

薬の個人輸入と聞くと難しく感じる人もいるかもしれません。

 

そんなことはありません。

薬の個人輸入代行サイトを利用すれば誰にでも出来ます。

薬の個人輸入代行サイトは薬を個人輸入する上で面倒な手続きを代わりに行ってくれるサービスです。

アマゾンや楽天などのネットショッピングと同じ感覚で利用できます

商品ページにいき、「カートに入れる」ボタンを押せばあとは「住所」などの個人情報を入力するだけで注文は完了します。

 

私はいつもオオサカ堂という個人輸入代行サイトを利用しています。

私がオオサカ堂をおすすめする理由は下記リンクで解説しています。

気になる人はどうぞ。

 

私がおすすめする薬の個人輸入代行サイト。

 

 

薬を個人輸入するデメリット。

薬を個人輸入する上でのデメリットも解説しておきます。

皆さんが薬を個人輸入する上で気になっているであろうポイント、私が実際に利用し不便に感じているポイントについてまとめました。

 

 

到着まで時間がかかる。

到着まで5日から10日ほどかかります。

個人的に一番困るのはこれかなと思います。

 

私は薬大好き人間なので薬を個人輸入する機会は人よりかなり多いです。

暇な時は意味もなく個人輸入代行サイトであるオオサカ堂のホームページを眺めるほどです。

しかし気になった薬が見つかり購入ボタンを押しても実際に家に届くまでは結構時間がかかったりします。

 

アマゾンや楽天は地域によっては購入した翌日には商品が到着していることもあります。

こういった大手サービスと比べるとどうしても遅いと感じてしまいます。

 

しかし薬の個人輸入は海外から商品が発送されるため、改善しようのないデメリットといえます。

頭痛薬や風邪薬などの今すぐ必要な薬は、病院にかかるか近所のドラッグストアに行くのが賢明です。

ただし育毛剤など長期的に使用を継続する薬に関してはなくなる時期を逆算し、早めに購入しておけば問題ないはずです。

 

 

クレジッットカードが使えない。

薬を個人輸入する場合、薬の個人輸入代行サイトの利用をおすすめしていますが、薬の個人輸入代行サイトではクレジットカードが利用できません。

銀行振込のみでのお支払いとなります。

 

最近ではネットショッピングの際はクレジットカードでお支払いする人が多くなってきていると思います。

もしくは代金引き換えやコンビニ支払いなどを選択する人もいるかもしれません。

そういった人にとってはやや不便に感じるかもしれません。

 

しかし注文完了から支払いの期限まで10日間の余裕があります。

それまでにお金を下ろすなど、銀行に行く機会は必ずあると思います。

そこまで不便に感じる必要はないのではないかと私は思います。

 

 

関税がかかることがある。

個人輸入とはいえ、海外から商品を輸入するのですから関税がかかる可能性はあります。

 

しかし可能性はごく稀です。

私は8年以上にわたりオオサカ堂という個人輸入代行サイトを通して薬の個人輸入をしてきましたが関税にかかったことは一度もありません。

薬の個人輸入で関税にかかる可能性は限りなく「ゼロ」に近いと思います。

 

私は薬の個人輸入で関税について気にしたことはありませんが、今回記事を執筆するにあたり色々と調べてみることにしました。

下記リンクにまとめましたので気になる人はどうぞ。

薬を個人輸入する上での関税の仕組みについて解説。

 

 

まとめ:個人輸入だと法律の抜け目を狙うことで医療用医薬品を処方箋なしで購入できます。

ややグレーゾーンな方法ではありますが個人輸入ならインターネットで処方箋なしで医療用医薬品を購入できます。

 

薬の個人輸入のメリットとデメリットについても解説しましたが私はメリットの方が大きいと感じています。

例えばAGA治療薬は病院でもらう事に抵抗を感る人が多いと思います。

できればインターネットで購入したいと考えている人が多いのではないでしょうか?

とくに若い人は副作用のリスクがあっても自己責任でいいからインターネットで購入したいと考えるはずです。

 

ちなみに私もそうでした。

それが正しいことかどうかと聞かれたら、間違えなく「ノー」です。

病院にかかり、血液検査を受け、薬による副作用の確認をしながら治療を進める方が間違えなく正しいと私も思います。

 

でもこれって正直、過保護すぎじゃないですか?

各々が薬の作用、副作用について理解し服用していれば病院での診察を強要する必要はないのではと思います。

このような健康に対する過保護な考え方が日本の医療費を増やす原因になっているのではと私は考えています。

 

今回の記事は以上です。

私は薬の個人輸入はありだと思います。

-個人輸入

Copyright© ドラッグinfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.