医薬品の個人輸入について詳しく解説します。

ドラッグinfo

個人輸入

薬の個人輸入は違法?

Aさん

薬の個人輸入って便利だけど、違法ではないのかな?

 

薬の個人輸入代行サイトでは本来であれば処方箋がなければ購入できない薬をインターネットで購入することができます。

病院に行く時間がない人、育毛剤やED治療薬などを病院に行ってもらうのが恥ずかしいと感じる人にとっては画期的な手段だと思います。

しかし処方箋なしで購入できるということに疑問を感じる人も多いでしょう。

 

違法ではないのだろうか、バレたら捕まってしまうのではないか?

 

そんな疑問を持つ人に向けて、薬の個人輸入が薬事法でどういったあつかいをされているか、違法であるのかについて詳しく解説していきます。

 

本記事の信憑性

医薬品医療機器等法、厚生労働省ホームページ「医薬品等の個人輸入に関するQ&A」をもとに薬の個人輸入の法的な位置付けについて執筆しました。

 

薬を個人輸入するメリット、デメリットについて解説した記事も執筆しています。

気になる方はそちらも参考にしてください。

 

薬を個人輸入するメリット、デメリットについて

 

 

薬の個人輸入は違法?

 

薬の個人輸入について、厚生労働省ホームページに「医薬品等の個人輸入に関するQ&A」というページが用意されています。

そちらを読んでいただければ解決なのですが、非常にわかりにくい内容になっているため本記事では誰もが理解しやすいように解説していきます。

 

薬事法では薬の個人輸入は違法なのか?

薬事法とは。

薬の有効性や安全性について確認された製品だけが国内で流通するよう規制するための法律です。

薬は人の健康に大きな影響を与えるため薬事法で厳しく取り締理をしています。

 

3つのルールを守れば薬の個人輸入は違法ではない。

厚生労働省ホームページでも下記のように解説しています。

 

一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

 

簡単に説明すると

個人輸入で購入した薬は自分で使用してください。

ということです。

 

また個人輸入で購入した薬は他の人に売ることは絶対にダメですし、無料で誰かにあげるのもダメです。

ということをいっています。

 

ポイント

個人輸入で購入した薬は
・必ず自分自身で使用する。
・他の人に売ってはいけない。
・他の人に譲ってはいけない。

 

なぜ薬の個人輸入が可能となっているのか?

薬事法の本来の目的を考えると薬の個人輸入を許可することに疑問を感じる人も多いと思います。

 

なぜ薬の個人輸入が可能となっているのか。

理由を含めて解説します。

 

厚生労働省ホームページでは以下のように解説しています。

 

一般の個人が医薬品の輸入が可能となっているのは、外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合などへの配慮によるものです。

 

この内容について簡単に説明していきます。

理由:その1

外国で病院にかかり、薬が処方されたとします。

その薬を日本に帰ってからも飲まなければいけないが、日本ではその薬を購入できないということがあるかもしれません。

薬の個人輸入を完全に規制してしまうと、薬を飲み続けることができず困ってしまいます。

 

理由:その2

外国から日本に旅行する人の中にはどうしても毎日飲まなければいけない薬があるという人も多いでしょう。

また風邪薬などを旅行の時に念のため持ち込みたいという人もいるかと思います。

薬の個人輸入を完全に規制してしまうと、旅行者が常備薬を国外から持ち込むことができなくなってしまい困ってしまいます。

 

このように薬の個人輸入を完全に規制していると困ってしまう人がたくさん出てくるため薬の個人輸入を許可しているのです。

 

薬を個人輸入する時は数量に注意

薬を個人輸入する時は原則として、地方厚生局で必要書類を提出し、薬事法に違反する輸入でないことの証明を受ける必要があります。

 

いきなり面倒な手続きの存在を知りおどろく人も多いかと思います。

 

しかし、ここでポイントになるのは「原則として」ということです。

あくまで例外があります。

 

購入する薬の量が「一定の範囲内」であればこれらの手続きは必要ありません。

一応、「一定の範囲内」でも税関でのチェックが行われますが購入する側に必要な手続きはありません。

 

「一定の範囲内」とは

厚生労働省のホームページでも「一定の範囲内」の基準について明記されています。

しかし分かりにくい文書になっているため簡単に解説します。

 

一定の範囲内

飲み薬:用法用量からみて1ヶ月分以内

外用薬:24個まで

 

このような認識で問題ありません。

 

飲み薬の場合、毒薬、劇薬、処方せん薬の区別がつく人はそれ以外の薬を2ヶ月分購入しても問題ありません。

しかしこれらの区別は一般の人には難しいので飲み薬はとりあえず1ヶ月以内の購入に控えておきましょう。

 

薬の個人輸入代行サイトを利用することは違法ではないのか?

厚生労働省ホームページではこのように記載されています。

 

最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。
しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。
こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

 

違法な行為という文面があるため個人輸入代行サイトの利用をためらう人も出てくるかもしれません。

 

しかしよく読んでみると購入する側が違法となるという記述はありません。

 

薬事法で違法となるのは、あくまで薬事法に基づく承認を受けていない医薬品の広告や発送を行うことです。

個人輸入代行サイトの利用者が薬を購入すること自体が罪に問われる可能性はありません。

 

言い換えると、個人輸入代行サイトを運営する業者は罪に問われる可能性はありますが、個人輸入代行サイトで薬を購入する側が罪に問われる可能性はありません。

 

といった感じです。

この辺はややグレーゾンな部分と言えるかもしれません。

 

 

また厚生労働省ホームページでも記載されているように注意するべき点はあります。

悪徳な業者が存在するという点です。

 

利用するときは信頼できる個人輸入代行サイトであるかよく確認する必要があります。

私がお勧めする個人輸入代行サイトについてか下記の記事で解説しています。

 

私がおすすめする薬の個人輸入代行サイト。

 

まとめ:薬の個人輸入は違法ではありません。でもルールはしっかり守りましょう。

薬の個人輸入は違法ではありません。

なぜなら法律で完全に薬の個人輸入を規制してしまうと、困ってしまう人がたくさんいるからです。

 

ただし病院に行くのが面倒だからといった理由で薬の個人輸入代行サイトを利用するのは実際のところ、法律の抜け目を狙った行為でありグレーゾーンであることは間違いありません。

とは言っても、先ほど説明したように薬を購入する側の人が罪に問われることはありませんので薬の個人輸入代行サイトが存在する限りは安心して利用して大丈夫です。

 

気をつけるべきは信頼のできる薬の個人輸入代行サイトを利用することです。

運営実績など評価するべきポイントは数多くあると思います。

よく考えた上で自分で判断し利用することが重要です。

 

今回の記事は以上です。

薬の個人輸入は違法ではありませんよ。

-個人輸入

Copyright© ドラッグinfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.